ツヨブログ

パティシエからエンジニアになったレアな人材スウィーツや料理、VBAやPHPやJAVA、ずっとやってるFXや株など、自身の知識や経験をアウトプットしていくブログ

ソムリエとワイン

ワインの購入、管理と販売【ソムリエ試験対策】

更新日:

ワインの輸入

ワインの輸入

2/9輸入価格条件

FOB=Free On Board(輸出港本船積込渡価格)

売主が船積港で指定の船舶に物品を積み込むまでの一切の責任及び費用を持つもの

CIF=Cost、Insurance and Freight(運賃保険料持ち込み価格)

商品の輸出減化に、到着までの運賃および保険料を合算した価格で取り決める売買契約

3/9出荷

輸送

20フィートサイズコンテナ
  • 750ml瓶
  • 12本入りカートン
  • 1.000ケース前後

ドイツワインの細身のもので1.000ケース
ボルドー、ブルゴーニュの太めのもので800ケース

40フィートサイズコンテナ

同じく約1.200ケース積める

リーファーコンテナ
  • クーラーが装備
  • 650~800ケース
  • 運賃も2~3倍となる

5/9船積書類・分析証明書

  • 品名、アルコール度、酸、エキス、糖度、添加物分析数値などの証明
  • 厚生労働省に認可された指定分析機関の物を取得する

8/9通関・検品・保管

  • 輸入手続きは到着してから3ヶ月以内に済ませる
  • 輸入品の仕入れコスト関税、酒税、消費税

ワインを管理するうえで理想的な条件

  • 温度は年間を通じて12~15℃
  • 湿度は70~75%が良い
  • 光は白色光必要時のみ点灯できる暗所が望ましい
  • ラベルは上を向けて、必ず横に寝かせる

【TCA】トリクロロアニゾール

コルク臭の原因となるのはTCAT トリ・C クロロ・A アニゾール)

酒税率一覧(1kℓ当りの税率)

  • 醸造酒類果実酒 80.000円

混醸酒類

  • 清酒 120.000円
  • みりん 20.000円

日本人のワイン消費量(成人1人当たり)

ワインの消費量
  • 2011年2.8㍑ 
  • 2012年3.35㍑
  • 2013年3.46㍑

以下が47都道府県の消費量1位の県と、主要都市のデータです(2011年)

  • 山梨県 8.1㍑ 
  • 東京都 6.8㍑ 
  • フランス 48.4㍑

フランスは日本の2.8㍑と比べて、約17倍もの消費量がありますね

過去問題

過去問題

0⃣厚生労働省の規定では輸入ワインの裏ステッカーとしてボトルに記載すべき項目がいくつかあげられているが、次の1~9 の中から不要なものを2 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。(順不同)

  1. 品名
  2. 輸入業者名
  3. 輸入者住所
  4. 引取先
  5. 輸出業者名
  6. 容器の容量
  7. アルコール度数
  8. 添加物
  9. 通関証

1⃣次の1~4 の外国産ワイン(750ml 容量瓶詰製品)を輸入するときの手続に関する文章の中から正しいものを1 つ選び、そ の番号を解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. 税関に輸入申告を行う時には、前もって厚生労働大臣にあてて「食品輸入届書」を提出するが、食品の分析証明書は必要ない。
  2. 厚生労働省が認定した外国検査機関の分析証明書が適正であっても、日本の検査機関の検査は必要である。
  3. スパークリングワインはスティルワインよりも低い関税率が適用される。
  4. シェリー、ポート等の酒精強化ワインには、スパークリングワインよりも低い関税率が適用される。

2⃣記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. FOB とは輸出港本船積込渡価格の事である。
  2. Invoice とは品名、アルコール度、酸度、エキス分、糖度、添加物分析数値などの証明の事である。
  3. B/L とは船荷証券の事である。
  4. ドライコンテナはリーファーコンテナに比べ、1 割以上多く積める。

3⃣T/T Remittanceの説明として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. 信用状開設
  2.  一覧払い手形
  3.  期日手形支払い
  4.  銀行送金
  5.  前渡金払い

【解説】過去問題

1⃣次の1~4 の外国産ワイン(750ml 容量瓶詰製品)を輸入するときの手続に関する文章の中から正しいものを1 つ選び、そ の番号を解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. 税関に輸入申告を行う時には、前もって厚生労働大臣にあてて「食品輸入届書」を提出するが、食品の分析証明書は必要ない
  2. 厚生労働省が認定した外国検査機関の分析証明書が適正であっても、日本の検査機関の検査は必要である
  3. スパークリングワインはスティルワインよりも低い関税率が適用される。
  4. シェリー、ポート等の酒精強化ワインには、スパークリングワインよりも低い関税率が適用される。
  1. 分析証明書は必要です。
  2. 厚生労働省が認定した外国検査機関の分析証明書は有効です。
  3. スパークリングワインの方が関税率が高くなります。

2⃣記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. FOB とは輸出港本船積込渡価格の事である。
  2. Invoice とは品名、アルコール度、酸度、エキス分、糖度、添加物分析数値などの証明の事である。
  3. B/L とは船荷証券の事である。
  4. ドライコンテナはリーファーコンテナに比べ、1 割以上多く積める。
    Invoice(インボイス) ⇒ 商品代金の送り状品名、アルコール度、酸度、エキス分、糖度、添加物分析数値などの証明=分析証明書
    輸入ワインの仕入れコストでかかる税金は、酒税、消費税、関税がある(3つ)

3⃣T/T Remittanceの説明として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. 信用状開設  Letter of Credit
  2.  一覧払い手形   D/P AT SIGHT
  3.  期日手形支払いD/A 60DAY
  4.  銀行送金
  5.  前渡金払い    Payment in Advance  

ワインの購入、管理と販売のソムリエ試験対策について

ワインの購入、管理と販売のまとめの解説

今回は以上になります。

概論のように意味を理解できる項目になるので、ただただ暗記が多い中、勉強がしやすいなと感じませんか?

例年の設問も、知っているかどうかなので、即答問題と呼ばれる時間を節約できることも大きなポイントとなります。

設問の割合は決して大きくはないので、今回もサラッと押さえておく程度で、終えましょう

-ソムリエとワイン
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ツヨブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.