ツヨブログ

パティシエからエンジニアになったレアな人材スウィーツや料理、VBAやPHPやJAVA、ずっとやってるFXや株など、自身の知識や経験をアウトプットしていくブログ

プログラミング

何度もDataBaseへアクセスせず、DataTabeleで値を扱う方法

更新日:

dataBaseにアクセスせず変数で値を扱おう

dataBaseに何度もアクセスすると負荷がかかると聞いたので、一旦必要なデータをいっぺんに持ってきます

その上で変数でデータを扱うと良いのではと思いDataTable、DataRowViewでやりくりして、必要なカラムのデータを扱います

 private static DataTable dtSort(DataTable dt)
     {        
       DataTable dt = dt2.Clone();       

       DataView dv2 = new DataView(dt2);     

       dv2.Sort = "a_column asc,b_column asc";      

       foreach (DataRowView drv in dv2)
       {      
          dt.ImportRow(drv.Row);
       }    

       return dt;
     }     

変数DataTabeleの並び替え

dataTabeleとDataRowViewdeで値を扱う

//新しいデータテーブルにクローン作製     

       DataTable dt = dt2.Clone();              

//データビューを新しく作成(引数は元となるデータテーブル)   

       DataView dv2 = new DataView(dt2);        

//データビューをソート

       dv2.Sort = "a_column asc,b_column asc";      

//ソートしたデータビューをデータロウビューに入れる繰り返し 
{
//データロウビューのレコードを新しいデータテーブルへ挿入
}

       foreach (DataRowView drv in dv2)
       {      
          dt.ImportRow(drv.Row);
       }    

//ソートしたDTを返す

       return dt;

以上です。

何度もデータベースへアクセスする必要がなく、変数の中でデータを扱うことが出来ます。

ウォッチ式で確認するのが大変だったのが難点ですかね。

今後は上記ソースコードに、シンタックスハイライトをつけたいと考えています。

見にくいですからね

勉強中なので、良ければご教授いただけるか、更新をお待ち下さい

-プログラミング
-, ,

Copyright© ツヨブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.