ツヨブログ

パティシエからエンジニアになったレアな人材スウィーツや料理、VBAやPHPやJAVA、ずっとやってるFXや株など、自身の知識や経験をアウトプットしていくブログ

Uncategorized

年賀状

更新日:

恵比寿様たちの笑顔で運気も上がります

年賀状が届くと嬉しい

会ってないあの子からももらえると嬉しい見てニヤニヤしてしまう


元旦に届かないとちゃんとしろと思う年賀状とは元旦に届ける!遅くとも3日までには届けなさい!
面倒だから出さなくてもいいかと考える分かる!確かに、しかし届くと嬉しいでしょ?


年末までまだいいやぁってギリギリにやるより、無理してでも10月までにやっておくといい早期割引が多い年末も近くなってくると、締め切りで、取り扱ってくれる業者が減る年末だと忙しくなって、年賀状どころじゃなくなる


近況報告も入れておくと良い会ってない人達にも分かってもらえるようにね
出したのに帰ってこないと悲しいもはや怒りすら感じる。

日本人としてちゃんとしろと、しっかり出しとけよと思う自分が当事者だと、何通りも言い訳を考える
宛先不明で帰ってきたら更に悲しいしかも来てないと、来年から出せないし
子供がいると写真を使用したくなるイラストでもいいけど無難にね


上司とか、祖父母、オジさん、オバさんにはシッカリしたものを出そうと思う
お年玉付き年賀はがきだと、相手ももしかしたら喜んでもらえるかも


毎年来るものなので、毎年捨てましょう。前のものなどは、スキャンするか、写真を撮って保管するファイル売ってるの見るけど、毎年溜まっていくのに・・・。

いつか捨てなきゃならない、しかも捨てるときは大量になるのが容易に予測できるので2020のオリンピックバージョンとかあるならとっておいても良いのかもねお年玉に当たったハガキは返してもらえないから、とっておきたくてもできないね
書き損じは交換してもらえる最近だと印刷だろう。印刷してても、してなくても交換は手数料5円でやってもらえるただゆうゆう窓口では交換できません


印刷業者に頼むとオシャレ、かわいい、Coolと選べますね。何といっても便利だと感じるのは、宛名印刷。これの為に頼んでいるといっても過言じゃない。


現代社会、印刷はコンビニでもできる。プリンタ不要論をふりかざす私は、ネットで頼みますネットで頼んだ料金でプリンタ買えるけどね。


年賀状で終活というのも流行っているらしい米寿を迎えた。手元がおぼつかない。

今後会いそうもない、けれどなんの挨拶もないまま終わるのは侘しいこっちが出さなかったからといって、今年も元旦に相手から届くのは目に見えているそれから返すのも大変。送ってくれてるのに、返さないなんて選択肢は得られないだろう楽しみにしてくれてる方もいらっしゃるようだが、整理、名簿管理と大変なのには変わりない。


マナーや礼儀、作法、文章や簡略文字なども学んだ若かりし頃もあったなと
ポストに入って嬉しいのは、年賀状よりも初売りのチラシだけどな!


女の人は、進学、就職、結婚、出産、転勤、子供の都合、立場でその時々に友達は変わるけど、いつかまた戻る日が来るそうです。

年賀状はそれをつなぐツールなのかもしれない

-Uncategorized

Copyright© ツヨブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.