ツヨブログ

パティシエからエンジニアになったレアな人材スウィーツや料理、VBAやPHPやJAVA、ずっとやってるFXや株など、自身の知識や経験をアウトプットしていくブログ

ソムリエとワイン

チリ【ソムリエ試験対策】

投稿日:

モアイ像と日の出

歴史

1851年にチリのブドウ栽培の父と呼ばれるシルヴェストーレ・オチャガビアがフランスから高級ブドウを品種を導入し、同時にフランスの技術指導者を招いてワイン造りがはじめられた

カルメネーレCarmenere

長い間メルローと混同されていたCarmenereカルメネーレは元来ボルドーのメドックに広く栽培されていた品種で、同盟のヴァラエタルワインが増えてきている。

気候

チリの山脈に囲まれた湖

チリの気候は地中海性気候です

  • 年間降水量は日本の1/3ほど
  • 夏の相対湿度は55~60%

フランボルト海流(別名:ペルー海流)という寒流の影響で、涼しい海風がブドウの病気を防いでくれます

ラベル表記は75%

ワインのエチケットラベルに表示のルールは全て75%以上がルールです

  • ぶどう品種
  • ヴィンテージ
  • etc

EUへの輸出の際は85%以上がルールとなっていますので、旅行やヨーロッパ経由で日本入した物との違いを見るのも面白いかもしれませんね

ボトルワインの輸出金額では、アメリカが1位、イギリスが2位、日本が3位である

日本へのワイン輸入量が世界一

2015年にチリからの日本へのワイン輸入量が世界一になりましたね

チリワインが安い理由は、酒税法という関税が発生しないためです
安かろう悪かろうではないので、そこを知っておくと、手に取る機会が増えますね

ワイン産地

チリのカラフルな街並み

Atacamaアタカマ州

チリの北端です

  • Copiapo Valley コピアポ・ヴァレー 
  • Huasco Valley ウアスコ・ヴァレー

Coquimboコキンボ州 

  • Elqui Valley エルキ・ヴァレー 
  • Limari Valley リマリ・ヴァレー 
  • Choapa Valley チョアパ・ヴァレー

Aconcaguaアカンコグア州 

  • Aconcagua Valleyアカンコグア・ヴァレー 
  • Casablanca Valleyカサブランカ・ヴァレー 
  • San Antonio Valleyサン・アントニオ・ヴァレー

Central Valley中央渓谷地方 

チリの代表的なワイン産地が集まる地方

Maipo Valleyマイポ・ヴァレー

  • アンデス山脈から海岸線にマイポ川が流れるヴァレー
  • カベルネ・ソーヴィニヨンが中心で栽培面積の50%を占める

Rapel Valleyラペル・ヴァレー 

Curico Valleyクリコ・ヴァレー

  • 東にアンデス山脈、中央平地、西側が海岸山脈で構成され、これらが並行して南北に延びる。
  • やや湿潤な地中海性気候で、太平洋高気圧の影響を受ける。
  • ソーヴィニヨンブランの栽培面積は国内最大

Maule Valleyマウレ・ヴァレー

・チリ最大の産地

South州

  • Itata Valleyイタタ・ヴァレー
  • Bio Bio Valleyビオ・ビオ・ヴァレー
  • Malleco Valleyマジェコ・ヴァレー

Australアウストラル州

  • Cautin Vavlleyカウティン・ヴァレー
  • Osorno Valleyオソルノ・ヴァレー

試験対策

イースター島のモアイ像

チリの難所は州におけるワイン産地の~ヴァレーを覚えるのが大変というところですね

それ以外はワイン法も問われるブドウ品種もシンプルなので、そんなに難しい国ではないかなと思います。

-ソムリエとワイン
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ツヨブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.